マズロー論者への挑戦
その批判的考察

三島斉紀著

〈神奈川大学経済貿易研究叢書 第36号〉
定価 5,940円(税込)本体5,400円
A5判上製 204頁
ISBN 978-4-8309-5244-9(4-8309-5244-X)
2024年3月31日発行
2024年4月12日発売
新 刊 在庫あり
従来のマズロー理論に関わる常識を一変させる書!

マズロー理論に関する解説書は尽きることがない。しかし、それらの多くは彼の原著、さらには晩年に至るまでの日記を辿ることなく、理論変遷も十分に押さえずして誤解された仕方で世の中一般に流布されてきた。そこで本書は、マズローの真意を史実から忠実に精査したうえで、読者に伝えることを期して、真の彼自身の決意表明や主張の変遷を詳述。

主要目次
  • 第一部 マズローが語った自己実現概念についての再確認
  • 第1章 マズロー「1943年論文」に関する覚書―「1948年論文」との比較において―
  • 第2章 マズロー「1953 年論文」について─「自己実現」者に見られる対人関係の特徴に関する調査報告書から─
  • 第3章 今日の所謂「自己実現」社会に関する一考察―マズロー「自己実現」社会概念との比較において―
  • 第4章 マズロー著Motivation and Personalityに関する一考察―初版(1954年)と改訂版(1970年)の比較より―
  • 第二部 マズロー自己実現概念についての受容状況
  • 第5章 ゴーブル著『第三勢力─マズローの心理学―』に関する補足資料
  • 第6章 Motivation and Personality(第3版)の問題点について―学術書として使うべきではない書物―
  • 第7章 アルダファーE.R.G.理論における被験者たちについて─彼の1972年著作とマズロー理論との比較を中心に─
  • 第8章 現代企業におけるマグレガーおよびアルダファー理論の「限界」について
  • 補章 R. F. ベネディクトの「シナジー」概念について―マズロー自己実現論の土台となった講話―
お知らせ

広告掲載「世界経済評論」2024年5/6月号
 「世界経済評論」2024年5/6月号に広告掲載いたしました。

お知らせ

広告掲載「世界経済評論」2024年5/6月号
 「世界経済評論」2024年5/6月号に広告掲載いたしました。